相続税はどれぐらいかかるのか?

相続税について

こんな人のために書きました!
・相続税についてまだ分からない、勉強中の人
・相続が発生したが、相続税がいくらぐらいかかるか知りたい人

こんにちは。突然ですが、相続税について考えたことはありますか? 自分が当事者にならない限り、調べたり計算したりしたことがあるという方は中々いないのではないでしょうか。

本日は、相続税はどれぐらいかかるのかというお話をしたいと思います。

そもそも相続税とはなんぞや?

まず初めに、相続税とはなんぞや?という方に対して相続税について簡単に解説していきたいと思います。

相続税とは、個人が被相続人(亡くなられた人のことをいいます。)から相続などによって財産を取得した場合に、その取得した財産に課される税金です。

例を使ってご説明します。

ベタ爺がお亡くなりになりました。その後、ベタ爺が所有していた「普通預金1億円」を愛娘であったベタ子さんが相続。

このとき「普通預金1億円」に対して課され、ベタ子さんが支払わなければいけない税金のことを相続税と言います。

なお、相続とは亡くなられた方の遺産を誰かが受け継ぐことを言います。

相続税はいくらぐらいかかるか?

このように、相続税は被相続人の遺産を相続した場合に課されます。では、課される税金額というのはどのように決定されるのでしょうか。その大まかな計算プロセスは以下の通りです。

相続税の速算表(課税価格・税率・控除額)

課税価格 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

 

このように、長いプロセスを経てようやく納付すべき相続税額が算出されます。相続税の計算がややこしい、面倒くさいという方のために、実際どのぐらい課されるのかというのを下記に早見表としてまとめましたので、ご利用ください。

(注:相続財産は、基礎控除を差し引く前の金額となります。)

相続税の算出早見表(配偶者有無・子供人数・相続財産価格)

                                      (単位:万円)

相続財産価格

配偶者がいる場合

配偶者がいない場合

子供1人

子供2人

子供3人

子供4人

子供1人

子供2人

子供3人

子供4人

5千万円

40

10

160

80

21

1億円

385

316

261

224

1220

770

630

492

2億円

1,670

1,350

1,218

1,124

4,860

3,340

2,460

2,120

3億円

3,460

2,860

2,541

2,352

9,180

6,920

5,460

4,580

4億円

5,460

4,610

4,155

3,852

14,000

10,920

8,979

7,580

5億円

7,605

6,556

5,964

5,500

19,000

15,210

12,981

11,040

6億円

9,855

8,680

7,839

7,376

24,000

19,710

16,980

15,040

7億円

12,250

10,870

9,885

9,300

29,320

24,500

21,240

19,040


相続財産価額によって納付すべき相続税額が大きく変わっているのがおわかりいただけるでしょうか。なるべく遺してもらったままの財産を手元に残すために、相続税対策は非常に重要となります。

 

The following two tabs change content below.

安東 容杜(税理士・公認会計士)

大手監査法人勤務後、相続税専門税理士法人betterを設立。 2児のパパであり、日々育児に奮闘しながら、常にお客様の「better」を追求する相続税専門税理士。

最新記事 by 安東 容杜(税理士・公認会計士) (全て見る)