相続手続きに関する専門家の報酬相場は?

こんな人のために書きました!
・相続手続を専門家の相場を知りたい人。

 

こんにちは。本日は、相続手続きに関する専門家の報酬相場について見ていきたいと思います。

税理士の報酬(申告)

一口に税理士さんに対して、相続関連の仕事を依頼すると言っても、相続税申告書の作成や、税務アドバイザリーなど様々ですが、ここでは主に相続税申告書の作成についてご紹介します。
各税理士さんによって、料金体系は様々ですが、一般的には遺産総額加算方式を採用しており、遺産総額の0.5%〜1.5%程度が相場になります。

遺産総額 報酬額
5,000万円 25万円〜75万円
7,500万円 37万円〜113万円
1億円 50万円〜150万円
2億円 100万円〜300万円

 

ただし、多くの税理士さんが、上記報酬額を基本報酬として、そこから土地評価1件につき+5万円や、相続人が1人増えるにつき、基本報酬の+10%など追加報酬が上乗せされます。そのため、税理士さんに依頼する場合には、しっかりと見積りを出してもらい、そこからどのような場合に報酬が追加されるのかをきちんと確認することをお勧めします。
多くの税理士さんは、見積りのための初回面談は無料ですが、有料の税理士さんもいらっしゃるので、お問い合わせをする前にしっかりとホームページなどで確認することもお忘れなく。

司法書士の報酬(登記)

司法書士さんも同様に、相続に関する様々なお仕事がありますが、ここでは主に不動産登記手続きについて見ていきたいと思います。
こちらは、遺産総額は関係なく、一般的な相場は、3万円〜10万円となります。
その他、不動産登記手続き以外にも戸籍等書類の取得代行手続きや遺産分割協議書などの手続きをま一括してお願いする場合には、10万円〜20万円程度になることが多いようです。
ここでの注意点は、税理士さんの場合と同様に契約前にしっかりと見積りを出してもらうことです。また、不動産登記の場合には、登録免許税(不動産の価額×0.4%)の支払が必要となりますが、こちらは司法書士さんに対する報酬とは完全に別になりますので、ご注意ください。

弁護士の報酬(訴訟・調停)

最後に弁護士さんの報酬です。弁護士さんのお仕事も様々ですが、ここでは主に相続トラブル(訴訟・調停)について見ていきたいと思います。
弁護士さんの報酬体系は、税理士さんと似ており、経済的利益額※加算方式の場合が多く、一般的に「着手金」+「成功報酬」+「日当」の3つから構成されています。
多くの法律事務所で報酬の参考にされている、(旧)日本弁護士連合会報酬等基準を基に算定すると下記の通りになります。

経済的利益額※

着手金 成功報酬 日当
300万円 24万円(8%) 48万円(16%) ・半日:3万円〜5万円

・1日:5万円〜10万円

3,000万円 159万円(5%+9万円) 318万円(10%+18万円)
1億円 369万円(3%+69万円) 738万円(6%+138万円)
3億円超 969万円(2%+369万円)〜 1,938万円(4%+738万円)〜

※例えば、相続トラブルで依頼人が3,000万円の不動産を手にしたとした場合、この3,000万円が経済的利益の額となります。

実は、上記以外にも弁護士さんは司法書士さんが専門としている不動産登記手続きも行うことができます。しかし、一般的には司法書士さんより弁護士さんの報酬単価が高く、かつ不動産登記のお仕事を専門的に行っている弁護士さんは多くなく、不慣れな場合が多いです。そのため、相続手続きを弁護士さんに依頼しようとされている場合には、金額面と専門性に注意するようにしてください。

まとめ及び注意点

如何でしたでしょうか。相続に関する専門家の報酬を見てきましたが、やはり専門家と言うだけあり、それぞれ報酬が高いですね。そのため、事前に各種専門家のホームページなどをそれぞれ比較検討することをお勧めします。

税理士法人betterでは、低価格・定額で相続税申告代行業務を行っており、かつ相続専門の各種専門家と提携して相続に関するトータルサポートを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.

安東 容杜(税理士・公認会計士)

大手監査法人勤務後、相続税専門税理士法人betterを設立。 2児のパパであり、日々育児に奮闘しながら、常にお客様の「better」を追求する相続税専門税理士。

最新記事 by 安東 容杜(税理士・公認会計士) (全て見る)